メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

病院ブログ

12月 30 2020

ワンちゃんの甲状腺機能低下症について

こんにちは。野並どうぶつ病院の病院ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログではワンちゃん、ネコちゃんの病気や病院で行っている手術についてご紹介していきます。今日は「甲状腺機能低下症」とういうワンちゃんの病気についてお話しをします。前回お話しした猫ちゃんの「甲状腺機能亢進症」とは逆に甲状腺ホルモンが減少する病気です。

 

まず初めに甲状腺は喉のやや下の左右にあり、代謝に重要な甲状腺ホルモンを分泌する臓器です。生命の維持に極めて重要な役割を担っています。甲状腺機能低下症では甲状腺ホルモンの分泌が減少することによって元気がなくなったり、脱毛、肥満傾向、寒がるなどの様々な症状がみられます。中高齢のわんちゃんではクッシング症候群に次いで多くみられる内分泌疾患の一つです。

 

 

目次

  1. 「甲状腺機能低下症」ってどんな病気?
  2. どのような症状がおきますか?
  3. どのような検査を行いますか?
  4. 治療法はありますか?
  5. 最後に 

 

 

 

1⃣「甲状腺機能低下症」ってどんな病気?

甲状腺機能低下症のほとんどは甲状腺そのものに異常がある原発性甲状腺機能低下症です。下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)分泌低下による二次性甲状腺機能低下症は稀であると考えられています。原発性甲状腺機能低下症を引き起こす原因として、免疫が関わっているようなリンパ球甲状腺炎や原因がよくわからない特発性甲状腺委縮、甲状腺の腫瘍等があります。犬種としてはゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ドーベルマンでの発生が多いと報告されています。

 

 

 

2⃣どのような症状がおきますか?

よくみられる症状としては内分泌性脱毛、色素沈着、ラットテール、難治性の膿皮症、外耳炎、角化異常などの皮膚徴候、肥満、活動性の低下、悲劇的顔貌、徐脈等が挙げられます。その他には発生頻度は低くなりますが、顔面神経麻痺、ナックリング、前庭障害などの末梢神経障害も起こります。まれに低体温、昏睡、虚脱を引き起こす粘液水腫性昏睡が発生することがあります。

 

 

 

3⃣どのような検査を行いますか?

血液検査や甲状腺ホルモン濃度の測定を行います。血液検査では軽度の非再生性貧血がみられることがあります。また血液生化学検査では甲状腺機能低下症の犬のうち75%で高コレステロール血症が見られると報告されています。甲状腺機能低下症では血中チロキシン(T₄)濃度および血中遊離T₄(fT₄)濃度が低値となります。診断におけるT₄およびfT₄の感度は高いため、これらの数値が基準範囲内であった場合、甲状腺機能低下症の可能性は低くなります。ただし甲状腺の病気でない他の重度な病気の場合でも甲状腺ホルモン濃度は低下することがあり、誤診を招くことがあります。その場合にfT₄のほうが非甲状腺疾患の影響を受けにくいとされているのでT₄だけでなくfT₄の測定も行うことが重要です。また血中TSH濃度が高値であった場合には甲状腺機能低下症の可能性が高くなるためT₄またはfT₄、TSHの測定を組み合わせることで診察の特異度は向上します。超音波検査も有用で、甲状腺機能低下症の犬の甲状腺は正常な犬よりも小さくなります。ただし甲状腺の大きさは体格によって異なるため、犬種ごとの基準と比較する必要があります。

 

 

 

4⃣治療法はありますか?

甲状腺ホルモン欠乏による疾患であるため甲状腺ホルモンの補充療法を行います。一般的にはレボチロキシンナトリウム製剤を用います。活動性低下や高脂血症などは投与開始から1-2週間のうちに改善の傾向がみられることが多いですが、皮膚や神経徴候などは改善に数週間~数か月を要する可能性があります。治療を開始してからは血液検査も定期的に行い、お薬の投与量が適正に保たれているか見ていく必要があります。投与量が多すぎると頻脈や興奮等の症状がでることもあるため注意が必要です。また甲状腺腫瘍が原因の甲状腺機能低下症では外科的治療(手術)や放射線療法、化学療法も考慮して治療を選択します。

 

 

 

5⃣最後に

原発性の甲状腺機能低下症は適切に診断、治療が行われれば予後は良好です。早期発見、早期治療が大切となります。また低下した甲状腺の機能が回復することはないため生涯にわたるレボチロキシンナトリウム製剤の投与が必要です。中年齢のワンちゃんで増えてくる病気です。本日説明したような症状や気になることがあれば一度病院にいらしてください。

 

年内最後のブログになります。来年度も引き続きワンちゃんやネコちゃんの病気や日常ケアについてのお話しを書かせていただきますので引き続きよろしくお願い致します。


0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ