メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

病院ブログ

10月 2nd, 2020

10月 02 2020

犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

こんにちは。野並どうぶつ病院の病院ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログではワンちゃんやネコちゃんの病気や病院で行っている手術についてご紹介していきます。今日は「副腎皮質機能亢進症」という病気についてお話しします。

 

目次

  1. 副腎皮質機能亢進症ってどんな病気?
  2. 原因は何ですか?
  3. どんな症状が起きますか?
  4. クッシング症候群の診断は?
  5. どのような治療を行いますか?
  6. 最後に

 

 

1⃣副腎皮質機能亢進症ってどんな病気?

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)とは腎臓のそばにある副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンが出すぎてしまうホルモン異常の病気です。コルチゾールは代謝に関わる重要なホルモンなのですが、それが何らかの原因により過剰に分泌されることで身体に悪影響が出る疾患です。

 

 

多飲多尿(水をよく飲み尿量が増える)の症状がでるため、異変に気づき来院されて病気が見つかることが多いですが、何となく元気がない、疲れやすく、毛が抜けるなどの「年齢のせい」と見過ごされがちな症状がでることも多く注意が必要です。今日は犬で比較的多くみられるホルモン異常の病気である「クッシング症候群」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

2⃣原因はなんですか?

脳下垂体から出るACTH(副腎皮質刺激ホルモン)というホルモンが副腎に働きかけることによって「コルチゾール」を分泌させます。そのため脳下垂体に腫瘍ができてACTHがですぎてしまうと副腎から大量の「コルチゾール」を分泌させてしまいます。また脳下垂体が正常であっても副腎そのものに腫瘍ができることでも「コルチゾール」の分泌は過剰になります。脳下垂体の腫瘍によるもの(PDH)、副腎腫瘍によるもの(AT)の2つの場合がありますが、犬では85%ぐらいが脳下垂体の腫瘍(PDH)が原因と言われています。犬種としてはプードルやダックスフンド、ビーグル、ボストンテリアで発症が多いと言われていますが、すべての犬種でかかる可能性があり特に中高齢犬(8歳以上)がかかりやすい病気です。

 

 

 

 

 

3⃣どんな症状がおきますか?

多飲多尿、多食、腹部膨満、腹部下垂、左右対称の脱毛、皮膚の菲薄化、皮膚の色素沈着、パンティング(呼吸が早いこと)、足腰が弱り歩きたがらない等の症状が起きます。脳下垂体に腫瘍ができている場合は神経症状(徘徊、夜鳴き等)を併発することもあります。高齢犬でよくみられる症状のため病気と気づかずに見過ごしてしまう飼い主さんも多いようです。また症状が進行すると免疫力が低下し、皮膚炎や膀胱炎などの感染症にかかりやすくなります。糖尿病を併発することもあり、治療が遅れて症状が悪化した場合は命に関わります。

 

 

 

 

4⃣クッシング症候群の診断は?

超音波検査や内分泌学的検査を実施します。超音波検査による副腎の評価ではサイズを確認し、厚みが7~7.5mmを超える場合は肥大と判断します。両側性の場合はPDH、片側性の場合はATを疑い診断を勧めます。副腎皮質機能亢進症を診断するための内分泌学的検査としては当院ではACTH刺激試験を行っています。ACTH刺激後の血中コルチゾール濃度を診断に用い、20~25μg/dl以上(検査機器によって基準は異なる)であれば副腎皮質機能亢進症と診断します。またPDHの場合、副腎のサイズや内分泌的検査だけでは下垂体腫瘍の大きさを推測することは不可能であるため、CTやMRI検査といった画像検査が推奨されます。

 

 

 

 

5⃣どのような治療を行いますか?

脳下垂体に腫瘍がある場合(PDH)と副腎腫瘍の場合(AT)によって治療が異なります。

  • 脳下垂体に腫瘍がある場合(PDH)

外科療法、放射線療法、内科療法に分けられます。直径10mmを超える巨大腺腫の場合には放射線療法や外科療法を第一に検討します。放射線療法は下垂体腫瘍の縮小を目的に行い、腫瘍が切除可能であれば手術を行います。幸い、犬の下垂体腫瘍の多くは直径10mm未満の微小腺腫であることが多いため、内科療法が選択される症例も多くいます。内服薬で副腎から分泌されるコルチゾールを抑えますが根本的な治療ではないため生涯薬を飲み続ける必要があります。

 

  • 副腎腫瘍の場合(AT)

第一選択は外科的な副腎摘出です。しかし近接する大きな血管への浸潤や遠隔転移(肺、肝臓、リンパ節)などによって外科的な治療が困難な場合は動物のQOL改善を目的とした内科療法を実施しています。一般的な内科療法ではトリロスタン(アドレスタン)を使用しますが、ATに対するトリロスタンの感受性はPDHと比べて高いことから一般的には低用量から開始し副作用のリスクを軽減し使用していきます。服用してからも症状や体調をみながら内服の量を調整していく必要があり、生涯薬を飲み続ける必要があります。

 

 

 

 

6⃣最後に

クッシング症候群は高齢になると増えてくる病気です。多飲多尿など気になる症状がある場合は一度病院への受診をお勧めします。


ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ