メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

病院ブログ

2020年6月

6月 16 2020

脾臓の腫瘍について

こんにちは。野並どうぶつ病院の病院ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログではワンちゃん、ネコちゃんの病気や病院で行っている手術についてご紹介していきます。今日は「脾臓の腫瘍」についてお話しします。

 

 

 

 

目次

  1. 脾臓の腫瘍について
  2. どのような検査を行いますか?
  3. 確定診断はどのようにしているの?
  4. 脾臓をとってしまっても大丈夫?
  5. 治療法はあるの?
  6. 最後に

 

 

 

1⃣脾臓の腫瘍について

 

脾臓はリンパ系器官の中で最も大きな臓器で、主な作用は血液のろ過や貯蔵、造血、免疫機能等さまざまな役割を果たしています。脾臓腫瘍は犬では比較的発生頻度の高い腫瘍の一つです。脾臓の腫瘍は大きくなっても症状が認められず、超音波検査等で偶発的に発見されることもあります。脾臓にできものができると良性悪性にかかわらず、出血を起こす可能性があります。腹腔内出血を起こした場合、急激に血圧が低下しショック状態に陥り、命に関わることもあります。当院で脾臓の腫瘤に対してどのような検査、診断、治療しているかをご紹介したいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2⃣どのような検査を行いますか

 

当院では血液検査やX線検査、超音波検査を合わせて行っています。

 

<血液検査>

 

脾臓腫瘤が腹腔内出血や腫瘍内出血を繰り返している場合は貧血が見られる場合が多いため血液検査で確認しています。また脾臓の腫大が認められる場合はその原因となる病気がないか血液検査で確認しています。

 

 

<X線検査>

 

脾臓の腫大や腫瘤性病変の確認、腹水の有無や他臓器への転移等を確認しています。一般的には脾臓がびまん性(一面に広がるように)腫大しているときは、脾臓のうっ血やリンパ腫、肥満細胞腫等が原因で起きることが多いと言われています。また限局して脾臓が腫大している場合は結節性過形成や血種、血管肉腫、線維肉腫、平滑筋肉腫などが考えられます。ただしX線検査での見た目や腫瘤の大きさのみでこれらの疾患を鑑別することは困難です。

 

<超音波検査>

 

正常な脾臓はきめ細かい均一なエコー源性を有しています。エコーの見え方の違いにより病気がある程度絞り込めますがその見え方の違いだけでは確定診断はできません。診断には通常FNA(穿刺吸引細胞診)が必要となります。脾臓のFNAは超音波ガイド下で血行の少ない部位を特定し、経皮的に行っています。リンパ腫や肥満細胞腫を疑っている場合の診断にはFNA検査は有効ですが、血管肉腫が疑われる場合や止血異常がある場合など腹腔内出血の可能性がある場合は検査することができません。麻酔をかけずにおこなえるFNAは有用な検査ではありますが、検査に有益な細胞がとれないこともあるため確定診断をするのが難しい場合も多くあります。

 

 

 

3⃣確定診断はどのようにしているの?

 

 

先ほども述べたように脾臓の腫瘤がある場合、細胞診だけでは確定診断がつけられないため、当院では手術による脾臓の全摘出を推奨しています。摘出後の脾臓を外部の検査機関に送り病理検査を行うことで確定診断をつけることができます。

 

 

 

4⃣脾臓をとってしまっても大丈夫?

 

 

脾臓の機能はほかの器官が代償できるものが多いため、脾臓の全摘出を行っても大きな影響はないと考えられています。しかし脾臓を摘出した子では出血性のショックや激しい運動に対して耐性が低いとの報告もあるため全く影響がないとは言えません。また骨髄低形成の動物では脾臓が造血の主要な器官であるため脾臓摘出はできません。

 

 

 

 

 

 

5⃣治療法はあるの?

 

 

脾臓疾患に対する一般的な治療法は脾臓の全摘出です。脾臓の部分的な摘出は悪性だった場合の再発のリスクという観点からあまり推奨はされておらず、また術後の出血のリスクが高まることがあるため当院では脾臓の全摘出を推奨しています。ただしすべての脾臓の腫瘤に対して手術を勧めるわけではなく、場合によっては経過観察をして変化がないかを見ていく場合もあるので担当医との相談になります。

 

当院では脾臓の全摘出を行う際に通常一週間の入院をします。術後の経過次第で退院の日程は相談となります。確定診断がついたあと治療は相談していきます。例えば血種や結節性過形成などの良性の病変であれば通常摘出すれば長期的予後も非常に良好であるケースが多いです。しかし悪性である場合は腫瘍の種類によってその治療が異なります。例えば脾臓の原発性血管肉腫は摘出しても予後が悪いことが多く、ステージⅠの転移がない症例でも脾臓摘出術のみで治療したときの平均生存中央値は86日、手術後の二か月生存率は31%ともいわれています。転移がある場合は可能な限り化学療法を行いますが、化学療法が著しくQOLを改善しないというような報告もあるため、術後の動物の状態等を考慮しつつ化学療法を行うか否かを決定しています。高齢の動物も多いため、当院では治療についてしっかりと事前に相談させてもらい治療をしていきますのでご安心ください。

 

 

 

6⃣最後に

 

 

脾臓の腫瘤は超音波検査で偶発的に発見されることが多い病気です。症状が出た時にはすでに腹腔内出血を起こしているため命に関わる状態です。高齢になると増えてくるため、一度健康診断を受けることをお勧めします。


6月 02 2020

あなたの大切な家族の「歯」は大丈夫ですか?

こんにちは。野並どうぶつ病院の病院ブログをご覧いただきありがとうございます。このブログではワンちゃん、ネコちゃんの病気や病院で行っている手術についてご紹介していきます。今日は「歯周病」についてのお話しをしたいと思います。

 

 

 

歯周病とは歯垢中の細菌によって歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨等)に炎症が起こっている病気の総称です。一般的な家庭で飼育されている犬の約8割は歯周病にかかっているといわれています。

 

 

目次

  1. こんな症状はございませんか?~チェックリスト~
  2. なぜ歯周病がおきるの?
  3. 歯周病が悪化するとどんな症状がおきますか?
  4. 当院での治療の流れ
  5. 最後に

 

 

1⃣こんな症状はございませんか? ~チェックリスト~

 

 

  • 口が臭い
  • 歯茎が赤い
  • 歯茎を触ると容易に出血する
  • 歯がぐらつく
  • 硬い物が食べづらくなった
  • 歯が長くなったように見える→歯肉炎が進行して歯茎が退行すると歯の根元が露出するので歯が長くなったように見えることがあります。

 

 

上記の症状がある場合は歯周病の可能性があります。

 

 

2⃣なぜ歯周病がおきるの?

 

 

主な原因は歯の表面にべったりと付着した歯垢(プラーク)です。歯垢は食べ物のかすと細菌の塊です。よく歯磨きが上手くできないと飼い主様から相談されることがあります。ワンちゃんは小さい頃から歯磨きをする習慣をつけないと難しい場合が多く、家での歯磨きが不十分だと溜まった歯垢が硬い歯石となってしまいます。歯石は歯ブラシでいくらこすっても除去できず、表面はザラザラしているためさらに歯垢が付きやすくなります。

 

3⃣歯周病が悪化するとどんな症状がおきますか?

 

 

歯石を放置しておくと歯肉炎をおこし歯肉の端が赤く腫れて出血しやすくなります。歯肉炎を放置しておくと炎症が進行し、歯肉が歯から剥がれて歯肉と歯との間にポケット状の溝ができます。この溝に歯垢とともに細菌が侵入し、蓄積・増殖するため歯垢や膿が溜まってさらに溝が深くなっていきます。細菌が増殖し毒素を出すため歯槽骨が溶かされ歯がぐらつきます。ひどい場合は下顎が骨折することもあります。また口腔内の炎症が鼻腔内にまで波及することもあり、口腔鼻腔瘻(口腔と鼻腔がつながった状態)を起こし、くしゃみや鼻水、鼻からの出血がおきることもあります。眼窩下膿瘍といって歯根部が炎症を起こすと眼の下あたりが腫れることがあります。ひどい場合は皮膚に穴が開いて膿が出てくることもあります。重度の歯周病の場合、細菌が口腔内に異常に繁殖しているので細菌が血管内に入り込み全身の臓器へまわり、腎臓、肝臓、心臓等に悪影響を与えます。この全身臓器への悪影響が免疫力の低下した高齢犬には深刻な問題となります。もともと腎臓や心臓、肝臓病を抱えている子ではその病気を進行させる危険性もあり結果として寿命が短くなることさえもあるのです。

 

4⃣当院での治療の流れ

 

 

早期に治療することで歯周病やそれに伴う様々な病気の予防につながると当院では考えています

  • しっかりと問診と一般的な身体検査を行い、まず歯の状態を確認します。歯周病の進行具合により超音波スケーリング、ポリッシングのみを行うのかまた抜歯まで必要なのか判断し、治療計画を立てます。
  • 麻酔をかけての処置が必要と判断した場合は術前に血液検査、レントゲン検査(場合によってはエコー検査等)を行い、問題がなければ二週間以内で日程を決めさせていただきます。
  • 当日は絶飲絶食で午前中に来院していただきます。お昼に麻酔をかけて処置を行いますので夕方にお迎えにきていただきます。(高齢動物や持病のある子は入院する場合もあります)詳しい事は事前の検査時にお伝えしますので、何かご質問があれば獣医師にお尋ねください。

 

 

 

5⃣最後に

歯のトラブルは歯だけにとどまらず、重症化すると全身への影響もでてくるので注意が必要です。上記のチェックリストに一つでも当てはまる場合は一度病院で歯のチェックを受けることをお勧めします。またご家庭での歯磨きも大事になりますのでご家庭でのデンタルケアについてもまたお伝えしていきたいと思います。


ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ