メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

病院ブログ

2020年5月

5月 28 2020

炎症性腸疾患って?

ワンちゃんや猫ちゃんの炎症性腸疾患について

 

お腹を壊しやすい人がいるように犬も猫もお腹を壊して軟便や下痢を慢性的に繰り返しやすいこがいます。消化器症状の原因として多いのは食事の急な変更、気候や環境の変化によるものなどの一過性で治療しやすいものから、ある食材に対するアレルギー反応、腸内細菌のアンバランス、感染症(ウイルス、細菌、寄生虫)、腫瘍などの重症化すると治療が困難なものもあります。原因が特定しやすい場合には診断や治療もしやすいですが、原因が特定しにくい、できないものも少なくありません。特に原因不明の慢性下痢の中では「炎症性腸疾患(IBD)」が比較的多いと言われています。

 

炎症性腸疾患(IBD)とはどんな病気ですか?

 

IBDとは胃、小腸、および大腸の粘膜において原因不明の慢性炎症を起こし、慢性の消化器症状を呈する症候群のことです。犬や猫におけるIBDの発生機序および病態はあまり明らかにはなっていません。すべての品種に発生しますが、ある特定の犬種(ジャーマンシェパード・ドッグなど)では好発傾向があり、その発生には遺伝的な背景が関与していることが疑われています。

 

どのように診断していますか?

 

当院では血液検査、超音波検査、レントゲン検査を行い、内視鏡または開腹手術にて生検を行っています。

世界小動物獣医師会(WSAVA)が提唱しているIBDの診断基準は以下のものです。

<IBDを疑う場合>

  • 3週間以上嘔吐や下痢をはじめとする胃腸症状が続くこと
  • 対処療法、食事療法、抗菌薬などに完全に反応しないこと
  • 病理組織学的に消化管粘膜の炎症性変化が明らかであること
  • 消化管に炎症を引き起こす疾患が認められないこと
  • 抗炎症薬や免疫抑制療法によって症状が良化すること

IBDと診断するためにはこれら全てもしくはほとんどを満たしていなければなりません。IBDとは病理医が診断する病気ではなく、あくまでも臨床医が臨床症状、除外診断、病理組織学的検査、治療の反応性などの所見を総合して判断する疾患です。IBDの胃腸の病理組織学的検査所見は非特異的でありIBDの中にも好酸球性腸炎、肉芽腫性腸炎、リンパ球形質細胞性腸炎などと様々な分類がありますが、リンパ球形質細胞性腸炎の診断名がつくことがほとんどです。また「リンパ球形質細胞性腸炎」と腫瘍である「リンパ腫」の鑑別が非常に難しい場合があります。紛らわしい場合は免疫組織化学染色やクローナリティー解析といった特殊検査も組み合わせることによって可能な限り鑑別を試みますが、炎症と腫瘍の境界を確実に分けるのが難しい場合もあります。

 

この下に腸の写真が出てきます。気分を害する可能性のある方はご遠慮ください。

 

 

 

治療法はありますか?

 

残念ながらIBDを完治させることはできません。しかし早期に確定診断をつけることで重症化を抑えられる可能性があります。IBDの病態から考えて、食事の変更や抗菌薬等を用いて腸管内の抗原量を減らすことは重要です。食事内容は低アレルギー性で消化性がよく、中等度に脂肪制限されていて動物の栄養要求を満たす食事が第一に推奨されます。具体的には病院だと低アレルギー食①新奇蛋白食(d/d、セレクトプロテイン)、②加水分解蛋白食(z/d ultra、低分子プロテイン)、③アミノ酸食(アミノペプチドフォーミュラ、アミノプロテクトケア)を使用しています。IBDでは低アレルギー食で症状の軽減が認められることも報告されていますが、食事だけで完全に症状が寛解することはありません。そのため、症状のコントロールのために抗炎症薬や免疫抑制剤の投与が必要なことが多いです。抗炎症薬の中心になるのはコルチコステロイドです。初期治療にはコルチコステロイドを用いないと臨床症状を完全にコントロールできないことがほとんどです。症状の改善が見られたら投与量を漸減していきますが、完全に投薬を中止できない症例も多いのが現状です。

IBDの治療は通常長期間あるいは生涯にわたる可能性があります。

 

最後に

 

わんちゃん、ねこちゃんの下痢には一過性ですぐ治るものからなかなか治らないものもあります。検査をすることで病気が見つかる場合もありますので、一度病院での検査をおすすめします。


5月 28 2020

胆嚢粘液嚢腫って?

 

概要

 

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)は胆嚢内に不動性の粘液様物質(ムチン)が異常に蓄積して胆嚢が拡張する病気です。昔は比較的稀な疾患として考えられてきましたが、最近では中年~高年齢の犬において高頻度で認められる重要な胆嚢疾患として注目されています。好発犬種としてミニチュアシュナウザーやシェットランドシープドック、アメリカンコッカ-スパニエル、ビーグル、シーズーなどが知られています。原因や病態については不明な部分も多いですが、脂質代謝異常を引き起こすような内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症等)や遺伝子変異などとの関連性についても報告されています。

胆嚢ってどんな臓器??

 

 

胆嚢は肝臓で作られた胆汁を一時的に貯蔵、濃縮する働きをしています。胆汁は脂肪を消化するために必要な緑色の液体のことです。体内に取り入れた食べ物が十二指腸に到達すると胆嚢が収縮し、胆汁は総胆管をへて十二指腸へ送り出されます。腸に送り出された胆汁は食べ物と混ざり脂肪分を乳化させ、腸からの脂肪吸収を助けます。

 

 

胆嚢粘液嚢腫ってどんな病気??

 

胆嚢の中にゼリー状の粘液物質が貯留した状態をいいます。初めは胆汁が泥状になる胆泥症がみとめられ、進行すると粘度が増してゼリー状になり粘液嚢腫とよばれます。胆汁の分泌が障害されるため胆汁が蓄積して胆嚢炎を起こしたり、進行すると黄疸がでたり胆嚢破裂に伴う腹膜炎など重篤な合併症を引き起こします。

 

どのような症状がおきますか?

 

胆嚢粘液嚢腫は長期経過を取ることも多く、初期には無症状です。胆汁の分泌障害により嘔吐や下痢、食欲不振、腹痛などの慢性的な消化器症状がみられ肝障害を併発する場合もあります。また胆嚢炎や胆嚢破裂の場合は重篤な症状が現れ、特に胆嚢が破裂した場合は、胆汁による腹膜炎によって命に関わる状態になります。胆嚢が破裂するまで、もしくは破裂する寸前まで特異的な症状がみられない場合もありますので注意が必要です。

 

 

どのような検査を行っていますか?

 

 

当院では血液検査とX線検査と超音波検査を行っています。臨床症状が全く認められない状態では血液検査に異常がみられないことも多く、超音波検査で偶発的に診断される場合がほとんどです。症状がみられるような胆嚢粘液嚢腫の犬の場合、血液検査では白血球の増多、肝酵素(ALT,AST,ALP,GGT)上昇、高ビリルビン血症、CRPの上昇がみられることがあります。腹部超音波検査ではゼリー状の内容物を伴う胆嚢が見られ、キウイフルーツの輪切りや星形など極めて特徴的な模様が見られる場合があります。

 

 

 

治療法はあるの?

 

 

症状を呈している場合は胆嚢摘出、総胆管の閉塞解除といった外科的治療が必要となります。手術を乗り越えたものでは予後が良好な反面、症状を発現して来院する動物は胆嚢破裂などによる腹膜炎など深刻な病態であることが多く、周術期死亡率は17-40%とかなり高いことが報告されています。無症状の場合は今後症状を呈する危険性があることを考慮して早期に胆嚢摘出を実施するか、内科治療を併用します。内科治療では利胆作用や肝臓保護作用を期待してウルソデオキシコール酸を投与し、抗菌薬を併用します。また低脂肪食を中心とした食事へ変更します。脂質代謝異常が起きるような基礎疾患がある場合は積極的なホルモン補充療法を行います。内科療法で管理できる場合もありますが、徐々に進行してくる可能性もあるため定期的な検査による経過観察も必要です。

 

 

最後に

 

 

初期の場合は無症状で検査をしない限りは見つからないことも多い病気です。早期発見、早期治療が重要となります。中高齢犬に多く発生しますので、一度健康診断も兼ねて病院での検査をお勧めします。


ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ